赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

わが家はティナちゃん仕様

リビングのソファーは、ティナの大好きな場所です。
断脚手術で3本足になっても自力で上がれると、動物病院の先生には
言われていましたが、注文してあったが退院した日に届きました。


1年たってもへたってないし、見た目も機能的にもお値段以上だと思います。
     

    
    IMG_0980.jpg


老犬になっても使えそうだし、いつかブログに載せたいと思っていました。
3本足のワンコのいるおうちにはオススメですよ~!
でもティナはステップを使わずに、以前と変わらずぴょんと
ソファーに上がったり下りたりするので、母はハラハラしながら見守っています





にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

ちょっとお出かけ(^.^)

土曜にふと思い立って、陶祖まつりに行ってきました。

   IMG_0965.jpg

お買い上げは、しめて4250円也

後ろの白いフリーカップ以外はiichiでも販売されている作家さんの器です。
正規のお値段ではとても手が出ませんが、アウトレットなのでお安く買えました。


白いフリーカップも地模様があって、なかなか素敵。
丈夫そうで、しかも日本製で1個250円  

    IMG_0967.jpg

当日は雨が降りそうで降らなかったし、気温も低めで快適
器好きなティナの母にとっては、近場で楽しむことができた1日でした。

ちなみに瀬戸市は藤井聡太君の住む町です。
こんな横断幕がありました~

   IMG_0953.jpg







にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
母の日常 | Comments(2) | Trackbacks(-)

反省してます~

       IMG_0941.jpg

ティナさん、母に叱られテーブルの下でおびえて反省しています

しっぽの付け根からお尻にかけて舐めて赤くなっていたので
「こらぁぁぁ~~~だめっ!」と叱られ
机の下に逃げ込みました。

フードを魚系に変えてから、皮膚の調子は良くなり
足先やお腹は赤味も引き油断していました。

ティナの場合シャンプーが1番効果的と、かかりつけの先生に言われていたので
月1回のトリミングの間に母が1回シャンプーし、さらに部分的には
週1回くらいの割で洗っています。
明日はトリミングですが、毛が抜けてかなり赤くなっていたので
洗って薬を塗ったら、それからは舐めてないので、しばらく様子を見ます。
(ティナは人間ならおばちゃんの年齢だけど、さすがにお尻は画像無しです

そういえば、先月は久々に1度も動物病院へ行きませんでした。
去年は数えきれないくらい行きましたから、母のお財布にとっても
ありがたいことです。
この調子でがんばろうね~~





にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

恒例行事

SNSで皆さんのさんのお花見風景を見かけますが、先週母も行ってきました。


   IMG_0904.jpg
大垣城
建物はコンクリートですが、お城に桜は本当によく似合います。




さて、ティナとは今年も恒例のお花見に行きました。

    IMG_0920.jpg
ティナさん、お花見よりクンクンするのに夢中


    IMG_0922.jpg
「楽しかった~~」といっているように見えませんか?

遠くから見ると分かりませんでしたが、近づくと葉っぱがかなり出ていました。
桜もそろそろ終わりかな~~

今日は26度まで気温が上がり、6月初旬の気候だったそうです。
今年の冬は寒さが厳しかったですが、春を越えて「初夏」のような1日でした。

あっという間に季節は廻りますが、来年も再来年もずっとずっと
ティナと一緒にお花見できますように





にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ



母の日常 | Comments(4) | Trackbacks(-)

ずっと忘れない!

コメント下さっていたなご母さんのなごみ君が、昨日星になりました。
当初の余命予想をはるかに超え、本当によく頑張りました。

「和日和~なごみびより~」

ティナが悪性肉腫と分かり、あれこれ検索しましたが
「由来不明肉腫 断脚」でヒットしたブログはたった1件。
それも何年も前の記事で、断脚をせず3か月ほどで亡くなった子のブログでした。

そんな中で見つけたのが、癌の種類は違うけど
同じ岐阜大学動物病院へ通院しているなごみ君のブログでした。

先月の大学病院のCT検査の時は、同じ日になご母さんは予約を
入れてくださってご対面の予定でしたが、緩和ケアに切り替えられ
お目にかかることはありませんでした。

なご君に会ったことはないけど、なんでこんなに涙が出るのでしょう…
大学病院の担当の先生も同じ、なご君とティナは年も近く
重い病気と闘ってきた同志という思いがあるからでしょうか…

なご君、君の頑張りは、ずっとずっと忘れないよ!
なご母さん、大変な時もブログ更新ありがとうございました。
どうぞご自愛ください!




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
思うこと | Comments(4) | Trackbacks(-)