FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP未分類 ≫ ドラマ

ドラマ

ティナの母はテレビは見ますが、ドラマはほとんど見ません。

でも今月から始まった「僕とシッポと神楽坂」は、録画もして見ています。

嵐の相葉君が演じる若き獣医師「コオ先生」が繰り広げるドラマです。

今回は骨肉腫のコリー「ジュリ」ちゃんの治療方針をめぐる、コオ先生と飼い主さんの
やり取りが描かれていました。

ジュリちゃんは抗がん剤治療を受けていましたが、痛みがひどくなり、もう限界と判断し
断脚手術をすすめますが、飼い主さんは「脚を切るなんてかわいそう…」と
受け入れられません。

コオ先生は「苦しみを少しでも取り除いてあげたい。断脚手術を行えば確かに脚を失います。
それはご家族にとって、とてもショックなことだと思います。でも脚を切れば痛みのもとはなくなり
また歩くこともできる」とジュリちゃんの今後について説明します。

見ていてティナの断脚までと重なり、当時の思いがよみがえりました。
何とか断脚は避けたい・・・飼い主がそう思うのは当然です。

ティナの「由来不明肉腫」も悪性度が非常に高く、とても難しい病気です。
B動物病院の先生も、大学病院の先生も、コオ先生に負けず劣らずイケメン誠実で
分かりやすくストレートな説明によって、私たち家族は「断脚」以外の選択肢がないことを
受け入れることができました。
もちろん最後の決断は飼い主に任されますが、ネットで簡単に情報が得られるだけに
獣医師とのかかわりは、本当に大切だと思いました。

「断脚」という、わが家にドンピシャのドラマに驚き、そしてコオ先生の言葉が心にしみました。

ジュリちゃんは断脚後、いったんは元気を取り戻しましたが
残念ながら数か月後、虹の橋を渡ってしまいました。




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
未分類 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

No title
ドラマ好きなのに、そのドラマだけ録画し忘れていました💦
内容がピッタリだと感情移入しますよね。
ドラマの中のジュリちゃんは亡くなってしまったのですね。
でも、短い時間でも、苦しみから解放されて、飼い主さんと穏やかに過ごす時間を得られたでしょうね。
同じ状況になったワンコさんの飼い主さんには、このドラマやティナちゃんのことを思い出してもらいたいですね。
2018.10.26Fri 11:55 ≫ 編集
Re: No title
あられさま
「こんなところに日本人」とか「ぽつんと一軒家」は見てますよ~
手造りの「かご」の放送も見ていました。
でもドラマ見るのは久しぶりです。

ジュリちゃんは骨肉腫だったので、なかなか厳しかったのでしょう…
知人のワンコも骨肉腫になってしまい、安楽死を選択されました。
飼い主が異変に気付いたときは、ほとんどの場合肺に転移しているという
恐ろしい病気だそうです。
このドラマは重いテーマもありますが、動物たちの愛らしい姿も見られるので
楽しみが増えました。
2018.10.27Sat 21:17 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする