FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2020年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年06月
TOP断脚手術後の暮らし ≫ CT受けました  その①

CT受けました  その①

今日は3ケ月ぶりに大学病院へ行き、検査を受けました。

12時から12時30分の間に来てくださいと言われていたので
10時15分に我が家を出発、病院に着いて受付を済ませたら11時50分でした。

待合室のソファーはほとんど埋まっていました。
名前を呼ばれたのは12時30分頃でしたが
激混みのかかりつけB動物病院と比べたら気になりません。

最初に「CTにしますか、レントゲンにしますか?」と尋ねられました。
「レントゲンは麻酔をかけなくてできるのがよいところですが
もして肺に転移があっても、ろっ骨と重なって見えにくいことがあります。
CTは麻酔をかけなくてはできませんが、細かく確認できます。
ただ麻酔と言っても、腎不全があってもかけられる負担の少ない麻酔です。」と
説明を受けたので、迷うことなくCTを選択しました。

結果は「異常なし」
ホッとひと安心…

モヤモヤは整理して、手帳にまとめていったので
聞きたいことはちゃんと聞けました。
担当の先生はいつもと変わらず丁寧に答えて下さったので
その内容を忘れないうちに記事にしたいと思いますが
長くなりそうなので、続きは後日にします。

   IMG_0305 病院 ②

病院に向かう車の中
外の様子が気になるようです…



Comment

ティナちゃん無事に検査出来たみたいで良かったです♪
しかも!異常なし!嬉しいですね!
この調子ですね♪
私が先月行ったときも病院のソファーは埋まっていました。行くとこの病院にいる子はだいたいが重い病気なんだろうなと見ています。
なごはまた月末近くに行ってきます。
2017.10.07Sat 00:50 ≫ 編集
No title
なご母さま
コメントありがとうございます。

おかげ様で異常なしでしたが、まだまだ油断はできません。
担当の先生はいつも飼い主とじっくり向き合って
下さるのでありがたいです。

大学病院の待合室は広くてゆったりしているのですが
どの子も重い病気を抱えているんだと、私もいつも
思っています。そして少しでも健康が取り戻せるよう
願って止みません。
なご君も今の暮らしが続くよう、お互い頑張りましょうね!
2017.10.08Sun 00:04 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする