2017/08/25.Fri

レントゲンと超音波(B動物病院)

昨日かかりつけのB動物病院で、レントゲン、超音波、
血液検査を受けました。

赤血球が少ないのを除けば、異常なしでした。
ホッと一安心…

赤血球は手術前から、少ない傾向はあったので
体質的なものではないかということでしたが
それ以前のデータがないので、断言できないという説明でした。

「赤血球が少ないと、手術の時などに血が止まりにくいことがあるけど
もう手術しちゃったしね(笑)」と、先生との会話もお気楽な感じ。
半月後に再度血液検査を受け、経過観察となりました。

ただ肉腫はガンより悪性度が高く、今後も再発の可能性は
かなり高いといわれました。
「せんせ~そんなこと言わないでぇ~~」と心の中で叫んだけど
現実は現実として受け止めないとね…

再発率等のデータは大学病院のほうが持っているとのことで
7月の検査の時に聞いてみましたが、由来不明肉腫で
外科的手術のみ、抗がん剤治療は受けていない子で
ほぼ術後1年で元気な子がいるそうです。
ただ由来不明肉腫と一口に言っても、ティナとはちょっと違うので
単純に比較はできないようです。
次の診察の時にもっとしつこく詳しく聞いてみようと思います。

次回の検査は、10月2日に大学病院で受けます。

ガンや肉腫の治療中のわんこのブログを読ませていただくと
本当にいろんな治療法があり、皆さん試行錯誤しながら
頑張っていらっしゃるので励みになります。


   IMG_0214.jpg



クリックしていただくと励みになります!

断脚手術後の暮らし | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示