FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP抗がん剤治療 ≫ 抗がん剤治療による副作用

抗がん剤治療による副作用

前回の更新から、日にちが経ってしまいましたが
実は5月8日の抗がん剤治療から4日後の12日から
食欲がなくなり、翌13日にかかりつけのB動物病院へ
連れて行ったところ、「急性腎不全」でした。

BUN(血中尿素窒素)の数値が66.7でした。
基準値の上限22.9なので3倍近くまで上がり
13日から16日まで入院し、点滴治療を受けました。
急性の腎不全が、慢性に移行する場合もあるそうで
心配しましたが、おかげさまで今は元気を取り戻しました。

明日は4回目の抗がん剤治療のために大学病院へ行きますが
今後については、主治医のG先生と相談予定です。

行き先が病院というのは、ちょっとかわいそうですが
ティナは車に酔うことがなく、喜んで車に乗るので
助かっています。

応援よろしくお願いします<(_ _)>


Comment

No title
急性腎不全の文字を見て一瞬ドキッっとしました
でも元気になれたようでほっとしてます。
猫の腎不全は宿命ともいわれる病気ですが、
ワンコも腎臓を悪くする子も多いのですね。

うちのコタも、病院に行くとは知らず、
いつも騙されて、喜んで車に飛び乗ってました。
ティナちゃん、慢性化しませんように♪
2017.06.05Mon 10:33 ≫ 編集
Re: No title
あんまぁさま
いつも気にかけていただき、ありがとうございます。

急性腎不全は、大学病院の診断も
抗がん剤の副作用だということでした。
なかなかホッとできませんが、今回も転移、再発はなく
手術からもうすぐ4か月を迎えることができます。
血液検査の結果もすべて基準値内でした。
ティナとの時間を大切にしたいと改めて思いました。

コタちゃんも車に乗るのが好きだったのですね…


2017.06.06Tue 23:01 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする