2017/04/10.Mon

断脚手術

2月13日、いよいよ手術です。
ティナの右後ろ足の腫瘍は、テニスボール2個分くらいになっていました。
ティナは体重8キロ、小さめの柴犬くらいなので
いかに大きかったか想像がつくと思います。

手術は本来なら担当のG先生が執刀されるのですが
かなり先まで予定が入っていたので
M先生が執刀となりました。
それでも唯一あいていた13日9時に入れていただきました。

当日は術前にG先生の診察を受けるため、8時30分に到着。
本来診察は9時からなので、ティナのために配慮して下さったことに
今更ながら感謝です。

入院は3日間の予定でしたが、翌日の14日に
「ティナちゃんもう歩いてますよ。排泄もできますので
今日退院できますよ。顔つきもいいのですが
食欲がないのでお家へ帰ったほうが、食べると思います。」と連絡いただきました。
しかしその日は家族全員仕事のため、お迎えに行けないことを伝え
予定意通り15日の退院となりました。
人間の場合「顔色」がいいと表現しますが、犬の場合は「顔つき」というようです。

退院後の注意点としては、血栓ができるので寝たきりにさせない
抵抗力をつけるためにも体重を少し増やす、この2点でした。
そして「目視では肉腫は取りきることができました。」と聞き
家族一同ホッと一安心!

抜糸と病理検査の結果を聞くために次の診察を27日に予約し
我が家へ帰ってきました。
思ったよりずっと元気で、退院したその日から
「散歩に行きたい、それがだめなら庭でもいいから連れって行って!と
そんな感じでした。

    IMG_3522 矢印

矢印のあたりが白くなっていますが、剃髪した部分です。
手術から10日目の2月23日の画像です。

*追記に断脚した部分の抜糸前(22日)の画像があります*
参考までに載せましたので、ご注意ください。





手術からほぼ10日後の2月22日の画像です。
おかげさまで順調に回復しました。

  IMG_3518.jpg
手術まで | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示