FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP手術まで ≫ セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

1月27日、なんだかすっきりしないまま、かかりつけの
K動物病院から帰ってきました。
ティナが「がん」だなんてあるはずない…
腫瘍マーカー以外何か方法はないのか…
そんな思いが入り混じっていました。

そんな時、ご近所のわんこがお腹に腫瘍があって
B動物病院に通っていると聞いたのを思い出しました。
先生は若くてイケメン優しくて飼い主とじっくり向き合ってくれるので
最近はずいぶん混んでいるということでした。

とにかく行ってみようと思い、翌1月28日にセカンドオピニオンを聞きたいと伝え
B動物病院で診察を受けました。

「がん」と「腫瘍」は医学的には違うという説明の上
「たぶん肉腫ではないかと思うよ・・・まず細胞診をしましょう」
細胞を注射針で採取した後「細胞がとれているか確認します」といいながら
顕微鏡をのぞいて「う~ん顔つきの悪い細胞がいる…
結果は1週間くらいで分かるけど、かかりつけの病院に戻るなら
検査結果は全部渡すよ」と言ってくださいました。
その時カルテに「テニスボール大の腫瘤あり」と書かれたのが
目に入りました。

そして、忘れもしません2月3日の4時頃携帯に着信があり
「細胞診の結果が出たので、診察時間内に来てください」と電話がありました。

IMG_3630.jpg


医学用語が並んでいて難しいですが、要するに「悪性」でした。

「組織診をやらないと、詳しいことは分からないから
一度大学病院で診察してもらったら?
たぶん断脚になると思うけど…」と言われましたが
すぐに「断脚」なんて受け入れられるはずもなく
「家族と相談します」と答え帰ってきました。

その後K動物病院で腫瘍マーカーの結果を聞いたところ、陰性でしたが
すでに他院で細胞診を受け、悪性であることを伝えたら
やはり「断脚」になるだろうとの判断でした。
そこで「断脚後」の暮らしについて聞いたところ
「排泄は自力ではできません。動けないので食も細くなり
弱って全介助になります。」との答えが返ってきました。

それにしても、どうしてここまで断脚後の生活のクオリティーについて
意見が違ったのか・・・
先代からお世話になったK動物病院でしたが
この日が最後の受診となりました。


手術まで | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする