FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年12月
ARCHIVE ≫ 2019年12月
      

≪ 前月 |  2019年12月  | 翌月 ≫

ティナの母さん闘病記 まとめ

今更いうまでもなくティナは3本足ですが、今のところ介助は必要としていません。
でも高齢になった時、4本足のワンコよりお世話が必要になると思われます。
そんなこともあり今なら母が家を空けても、父さんとお留守番できるので
手術を受ける決断をしました。

記事の内容が前後してしまいますが、手術を受けると決め病院へ行ったのが
7月初旬で、その時に術前の検査の予約をしました。

9月3日と6日の2回に分け検査を受けましたが、肺のレントゲン、心電図、肺活量の測定
胃カメラ、腹部のCT、MRI、口腔内のチェック等々それはそれはたくさん受けました。

ここまでは消化器内科、この後は消化器外科の先生が担当医となりました。

消化器外科の先生の説明は9月17日。
かなり手術が現実味を帯びてきて、先生が自己紹介をしてくださったのに
びびりの母さんは上の空でした (*_*;
手術による合併症等も含めた詳しい説明で、こちらの反応を見ながら
ゆっくりていねいに説明してくださいました。
このあたりから「先生若いっ!ちょっと心配…」という先入観が消えていきました。

この説明には家族も同席してください言われていたので、ティナの父も一緒でした。
「先生若いけど、なかなかしっかりしとる」というのがティナの父の感想。
普段は意見が一致しない父と母ですが、この時は珍しく一致しました(笑)

承諾書など数々の書類を受け取り、その後看護師さんによる入院についての説明。
更に薬剤師さんや手術室の看護師さんにもあいさつし、集中治療室の受付?のようなところで
集中治療室に入るにあたっての説明も受けました。
本当に盛りだくさんの1日でした。

もし10年後にこの手術を受けていたら、どこまで一人で対応できたかと思うと
早めに受けてよかったと痛感しています。
(胆のう摘出手術は高齢でも受けられない手術ではないそうです)

そして腹腔鏡による手術だったことにより、1週間後には車の運転
短めのティナの散歩もでき、ほぼ通常通りの生活ができました。
(胆のうに炎症があると、開腹手術になる可能性が高いそうです)
飼い主の健康無くして、いっしょに暮らすワンコやニャンコの健康は
維持できないと思うのでティナのためにも今回の決断は正解でした。

母の日常 | Comments(2) | Trackbacks(-)