FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年12月
ARCHIVE ≫ 2018年12月
  • MRI (2018.12.11)
      

≪ 前月 |  2018年12月  | 翌月 ≫

MRI

12月6日に岐阜大学動物病院で、MRI、CT検査を受けました。
肉腫のときは同じ病院の腫瘍科でしたが、今回は「神経科」になります。

9時30分の予約で、ティナを預け、お迎えは4時30分でした。
検査結果は「頸部椎間板ヘルニア」、グレード1でした。
状態はそれほど悪くないもの、痛みがあるので手術の対象です。


    IMG_1384 結果

時間をかけて詳しく説明していただきました。
神経にほとんどダメージがない今のの段階で手術すれば、回復する確率は高いそうです。
断脚手術から2年もたっていないのに、また手術を受けさせるのは心が痛みますが
かかりつけのB動物病院の先生、家族とも相談し、12月18日に手術を受けることにしました。

ここまで読んだ方は「ええ~~また手術???」と思われて当然でしょう。
今は痛み止めを飲ませなくても落ち着いていますし、食欲もあります。
でもまたいつ痛くなるか分からないので、もう1か月以上散歩禁止といわれています。
爪も伸びました・・・
家の中と庭だけの毎日はさみしいよね~
由来不明肉腫の転移再発がなく、ここまで頑張ってきたのだから
もうしばらく元気でいて欲しい・・・
でもいくら成功する確率の高い手術といっても、ティナにもう怖い思いはさせたくない・・・
そんな思いが頭の中を、ぐるぐる回っていました。
でも決めた以上は、前向きに考えていこうと思います。

手術までは美味しいものを食べて、免疫力つけようね!
ドライフードと缶詰を混ぜたものに、湯がいたささみをトッピングすれば
あっという間に完食です。
母もティナのお世話がじゅうぶんできるよう、美味しいものたくさん食べて体力つけます

それにしても大学病院の先生は、どの先生も若くて優しくて誠実です


ヘルニア | Comments(4) | Trackbacks(-)