FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年11月
ARCHIVE ≫ 2018年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2018年11月  | 翌月 ≫

ヘルニアその後

先週までヘルニアの症状は、ゆっくりだけど快方に向かっている感じでしたが
今週に入り「一進一退」という感じで、体調に波があります。

先週までは痛み止めを飲む回数もかなり減っていたのに・・・

そんなわけで12月6日に大学病院でMRIを受けることになりました。
腫瘍の時もそうでしたが「詳しい検査をせずにあれこれ考えてもしょうがない。
原因をはっきりさせたうえで今後のことは考えることにしよう」というのが
B動物病院の先生の方針です。

調子がいい時は普段とほとんど変わりなく、散歩に行きたそうな時もあります。
でも調子が悪いと動けなくなり、お座りして下を向いて、震えています。
たまたま火曜日に病院へ行った時が、そんな状態だったので
「痛いのを我慢してるのはかわいそうだから、やっぱりMRI受けようか?
今回は神経科なので改めて紹介状書くけど、どうしますか?」と聞かれたのでお願いしました。

ティナの場合は腫瘍の転移の可能性が全くないとは言えないので
それも含めて診ていただくことになりました。

心配は尽きませんが、B動物病院の先生のおっしゃるように
やみくもにあれこれ考えるのは止めよう・・・

「ティナはじゅうぶん頑張っているから、自分の好きな場所で
好きなようにしていればいいよ~」と声をかけています。
大学病院の検査まではB動物病院でレーザー治療受け、おいしいもの食べて体力つけようね!