2017/06/28.Wed

院長の真意

以前のかかりつけ、K動物病院からハガキが届きました。
   
   IMG_0052.jpg

「内出血 その②」「セカンドオピニオン」というタイトルで記事にしましたが
腫瘍マーカーの検査を受けた病院でもあります。
費用は確か2万円でした。
(いくら探しても領収書が見つかりません)

しかし犬の場合、腫瘍マーカーはまだまだ開発段階のようです。

というのは断脚手術を受ける前に、岐阜大学動物病院のほうから
腫瘍マーカーの開発に協力して欲しいという申し出がありました。
ティナの血液を2㎖提供するというものでした。

IMG_0053.jpg


K動物病院で受けた検査は腫瘍マーカーのみ。
他の血液検査、レントゲン等の検査は一切されませんでした。
病院のHPには「CTなど高度医療が必要なときに紹介します」と
岐阜大学動物病院のリンクが貼ってありますが
一切触れられることはありませんでした。

ティナはもう助かる見込みがないという判断だったのでしょうか??
先代からお世話になっていた動物病院なので残念に思うと共に
今更ですが、K動物病院の院長の真意は、はかりかねます。


ちなみにティナの腫瘍マーカーの結果は陰性でした。

   IMG_0054.jpg


応援のポチッと、よろしくお願いします<(_ _)>


思うこと | Comments(0)
 | HOME | Next »