2017/04/28.Fri

抗がん剤治療 1回目、2回目終了

予定通りカルボプラチンによる抗がん剤治療を開始しました。
1回目は3月15日、2回目は4月7日でした。

どちらも所要時間は2時間から2時間半で、血液検査
レントゲンとエコーで転移再発がないか検査後、点滴で投与されます。
麻酔はしないそうです。
ティナを預けて私たちは外出し、後ほどお迎えに行きます。


抗がん剤治療から3~4日後から食欲不振、下痢、吐き気
白血球は1~2週間後に白血球、血小板が減少します。
ただし抗がん剤投与前の血液検査で回復していれば問題ありませんが
回復しないと抗がん剤は投与はできません。

参考までに、2回目の抗がん剤治療の前に受けた
血液検査の結果を載せます。

IMG_3713.jpg


IMG_3714.jpg

幸いティナは2回とも副作用はなく、通常通り暮らすことが出来ました。

当日はプロミナドとセレニアが、6日分処方されますので
その効果かも知れません。
「セレニア」は吐き気止めで、大変効果があり
以前に比べると、副作用がずいぶん緩和されたそうです。

ただ食欲がないなどの変化があったら、すぐかかりつけの
動物病院へ連れていくよう、念を押されました。

副作用に関しては、程度、次期もかなり個体差があるようで
私が大学病院のG先生から聞いた説明と若干違う部分もありますが
抗がん剤に関する詳しい説明が、北大動物医療センターのHPにありますので
検討中の方は参考になると思います。

次回の抗がん剤治療は連休明けの5月8日です。
転移再発がなく、無事治療が受けられるよう願って止みません。


抗がん剤治療 | Comments(0)
 | HOME | Next »