FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年03月
ARCHIVE ≫ 2017年03月

≪ 前月 |  2017年03月  | 翌月 ≫

内出血 その①

今年のお正月三が日が過ぎたころだったと記憶しています。

ティナの内股に100円玉ほどの大きさの内出血を見つけました。

去年の夏ころから皮膚の状態が悪く、掻いたのか舐めたのかな?と思って

獣医さんで頂いた塗り薬を塗りました。


3日もするときれいに消えていたので、さほど気にも留めませんでした。

いつも通り元気に散歩に行き、食欲も変わりませんでした。


ところが1月21日の夕方、散歩から帰って足を洗って拭こうと思って

抱き上げたら、前回の3倍ほどの大きさの内出血が同じ場所にあったのです。


かかりつけのK動物病院は予約制なので、電話で予約し

その日のうちに診ていただきました。


先生は内出血やその回りををじっと見て、「尿が漏れているのかな~」と

独り言のようにつぶやいた後は、しばらく無言でした…

「とりあえず抗生剤を出しますので、1週間様子を見ましょう。」


もちろん1月初めにも今回よりは小さかったけど

内出血があったことは伝えましたが、もし内出血なら

3日程度で消えることはないとの判断でした。


私自身はその先の予想などつくはずもなく、21~27日まで

頂いた抗生剤を飲ませました。

その間、内出血が広がることはありませんでしたが

表面が少しずつ腫れてきました。


そして抗生剤がなくなった27日に再度、K動物病院へ行きました。




手術まで | Comments(0) | Trackbacks(-)