FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ヘルニア
CATEGORY ≫ ヘルニア
       次ページ ≫

頸部椎間板ヘルニア

ティナは「頸部椎間板ヘルニア」でした。
椎間板ヘルニアには頸部と胸腰部がありますが、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


頸部の手術は矢印のあたりを切開し、そこから柄の長いスプーンのようなもので
飛び出ている部分を削り取るのだそうです。

IMG_1415 矢印
手術は顕微鏡下で行われるそうです。
詳しくは岐阜大学動物病院のサイトで紹介されていますが、手術中の画像もありますのでご注意ください。
   ↓
脊髄疾患の顕微鏡下手術

頸部椎間板ヘルニア手術の難易度は胸腰部より少し高いですが、神経のダメージが少ないうちに受ければ
とても効果的な手術です。
おかげ様でティナは以前と変わらぬ暮らしを取り戻すことができました。
ただし今後違う箇所がヘルニアになる可能性はありますが、それは人も犬も同じだと思います。

先週皮膚の薬をかかりつけのB動物病院へもらいに行ったとき、待合室でお隣になった方の
わんちゃんも頸部椎間板ヘルニアで来院されていました。
症状は本当によく似ていて、時々悲鳴のような鳴き声をあげていました。
12歳なので手術を迷っておられましたが、どうされたかな・・・

椎間板ヘルニアはわんちゃんに多い病気で、情報はたくさんあると思いますが
ティナの椎間板ヘルニアの手術についてまとめました。




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
ヘルニア | Comments(0) | Trackbacks(-)

抜糸の報告

今日の午前中に大学病院で抜糸しました。
これにて岐阜大学動物病院「神経科」での診察は終了!

しばらくシャンプーできなかったので、皮膚の状態が悪くなり
夕方はかかりつけのB動物病院へ抜糸の報告も兼ねて行ってきました!
というわけで今日は病院のはしごだったので、ちょっとお疲れ
ダラーッと伸びきって寝ています。


    IMG_1476.jpg



後日「頸部椎間板ヘルニア」についてもう少し詳しく書きたいと思っています。




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
ヘルニア | Comments(2) | Trackbacks(-)

大学病院で再診

退院して1週間が過ぎました。

27日は経過観察のため大学病院で診察を受け、経過は順調でした。
抜糸は年明け1月7日の予定です。

食欲も元気度もヘルニアになる前の7~8割程度ですが、日毎に回復しています。
まだ散歩の許可は下りていませんが、もう少しの辛抱だと思います。


      IMG_1415.jpg



行き先が大学病院なのに、なぜか車の中ではいつも笑顔 (^.^)
白い絆創膏が貼ってあるところの下に傷口があります。

去年、今年と思わぬことが起こり、ティナには辛い年だったと思います。
それでも今生きていて、私のそばにいます。
たくさんの方にお世話になり、たくさんの方の温かい言葉に支えられ
無事年が越せそうです。

来年は闘病の記事だけでなく、何気ない日常の出来事が
記事にできたらいいな~と思っています。
では皆さま良いお年をお迎えください!



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
ヘルニア | Comments(2) | Trackbacks(-)

退院

昨日の午後、無事退院しました。
経過は良好です!

手術中に出血が多かったので輸血したそうですが、今のところ副反応はありません。
輸血を優先したので、術後CTは受けてないそうです。

年内最終日の27日に経過を診ていただくことになっています。
抜糸はその日はまだできないので、その後B動物病院でやって頂くか
年明けに大学病院になるか、まだ決まっていません。。
抜糸までの期間が長くなるのは、問題ないそうです。

CTに関しては詳しく聞いていませんが、もう少し先になるようです
傷跡は断脚より小さく、ホッとしました。

うちに帰ってすぐ庭でトイレタイム、その後フードもしっかり食べました。
「散歩は1ケ月くらいかけて、少しづつ距離を伸ばしてください」といわれましたが
たとえ短い距離でも、何も心配せず散歩できるだけでうれしいです。

    
    IMG_1401.jpg

母は残念ながら行けませんでしたが、一昨日家族が面会に行った時の様子です。
「おとなしいですね~」と担当の先生にほめられたそうです



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
ヘルニア | Comments(2) | Trackbacks(-)

無事終了!

今日の19時頃「手術は無事終わり、先ほど麻酔から覚めました。出血が多かったので
輸血しましたが、今のところ副反応はありません。」と担当の先生から連絡がありました。

第一関門突破、ホッとしました~!

ティナ、今頃どうしているかな~
「そういえばずっと前にお泊りしたことあるような気がする・・・」なんて思ってるはずないよね!
さすがに断脚手術の記憶はないと思うけど、ケージの隅で小さくなっている姿が目に浮かびます。

心配は尽きませんが、治療法がある病気だったというのは不幸中の幸いでした。
また一緒に散歩できる日が、本当に待ち遠しいです。




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
ヘルニア | Comments(2) | Trackbacks(-)