FC2ブログ

赤い糸は1600キロ

飛行機でやってきた元保護犬と暮らす日々
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月

ヘルニアその後

先週までヘルニアの症状は、ゆっくりだけど快方に向かっている感じでしたが
今週に入り「一進一退」という感じで、体調に波があります。

先週までは痛み止めを飲む回数もかなり減っていたのに・・・

そんなわけで12月6日に大学病院でMRIを受けることになりました。
腫瘍の時もそうでしたが「詳しい検査をせずにあれこれ考えてもしょうがない。
原因をはっきりさせたうえで今後のことは考えることにしよう」というのが
B動物病院の先生の方針です。

調子がいい時は普段とほとんど変わりなく、散歩に行きたそうな時もあります。
でも調子が悪いと動けなくなり、お座りして下を向いて、震えています。
たまたま火曜日に病院へ行った時が、そんな状態だったので
「痛いのを我慢してるのはかわいそうだから、やっぱりMRI受けようか?
今回は神経科なので改めて紹介状書くけど、どうしますか?」と聞かれたのでお願いしました。

ティナの場合は腫瘍の転移の可能性が全くないとは言えないので
それも含めて診ていただくことになりました。

心配は尽きませんが、B動物病院の先生のおっしゃるように
やみくもにあれこれ考えるのは止めよう・・・

「ティナはじゅうぶん頑張っているから、自分の好きな場所で
好きなようにしていればいいよ~」と声をかけています。
大学病院の検査まではB動物病院でレーザー治療受け、おいしいもの食べて体力つけようね!



ティナの日常 | Comments(2) | Trackbacks(-)

里親さま募集

    里親さま募集                        通常の記事は↓にあります。
   
     
    timgd130693里親募集

愛知県の山の中で野犬が産んだ仔犬たちですが、人慣れしているそうです。
詳しくは「いつでも里親募集中」をご覧ください。

わが家の2代目を探している時に、お世話になったボランティアさんのお仲間が保護されたそうです。

この子たちのご先祖様も最初から野犬だったわけではなく、何代か前までは家庭で飼われていたと思います
最近「ペットショップに行く前に、行き場のない子にも目を向けましょう」という趣旨の記事を
よく見かけますが、どんなかわいい仔犬も病気にもなるし、いつかは老いていきます。
ペットショップから迎えても、行き場のない子の里親になっても
「いのち」と向き合うということを今1度考え、迎えて欲しいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
里親募集 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ヘルニア

5日月曜の深夜2時頃、「キャン、と聞こえたような気がする??」と思ったら
母の寝ているところへ、ティナが起こしに来ました。

それからティナの様子が変。
動かない、食べない、出さない・・・
月曜は目の下のできものの病理検査結果を聞くため、午後B動物病院の予約がとってありましたが
急きょ午前中に診て頂きました。
動物は話せないのでティナの様子からすると、内臓ではなく「神経」に何かが起きていて
ヘルニアだろうということでした。

その日はステロイドと、ビタミン剤の注射を打っていただき帰ってきました。
しかし1日中、飲まず食わず出ず

翌火曜にもう1度ステロイドの注射とレントゲンを撮っていただきました。
レントゲンでは異常はありませんでしたが、神経はMRIをやらないと分からないけど
MRIは大学病院でないと受けられません。
まずは痛み止めとレーザーで治療し、様子を見ることになりました。


月曜、火曜はほとんど動かず、ケージでじっとしていました。
先生には「動かないのではなく、痛くて動けないんだよ」といわれました。
歩くことはできますが、もちろん散歩は行けませんでした。

水曜、木曜と注射とレーザ治療を受け、食欲は戻り、少しずつですが
快方に向かっているように見えました。

毎回診察の度に先生を質問攻めにしていますが、「3本足だから負担がかかって
ヘルニアになったのではありませんか?」の質問に、答えは「それはない」でした。

気が付いたら、B動物病院の常連さんになっていました

↑ここまでは夕方に書きました。
パソコンを閉じてから、庭へ連れ出そうと玄関にリードを取りに行ったら
ティナが自分でケージから出てきました。
庭でと小を済ませると、さっさと足取り軽く帰ってきて
その後フードもたいらげて、何日ぶりかに定位置に戻りました。

かなり体調回復したようで本当によかった~

   IMG_1332.jpg






にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

ドライブ

ちょうど1週間前にティナも連れて、ちょっと遠くまでドライブしましたが
行き先は大学病院ではありません。
「シナノスイート」というりんごが旬ということで、ドライブがてら信州まで買いに行きました。

中央道の松川インターを降りると、果物の直売所がたくさんありますが
グルメな友人おすすめの「マルダイ大場農園」で買いました。
2級品も買ってきましたが、それはそれはみずみずしくおいしかったので、あっという間に胃袋へ!
というわけで画像がありません


お買い物が済んだころには、ちょうどランチタイム。
マルダイ農園さんから15分ほどのところにある道の駅「花の里いいじま」へ行ってみました。

    IMG_1303.jpg



   IMG_1304.jpg
ワンコ連れでもOKのお店が増えたようですが、お天気がよかったので外で食べました。
五平餅はもうちょっとこんがり焼いてほしかったかな~
(母は五平餅大好きなので思わずパックっと1個食べてしまい、お見苦しい画像ですみません

   
   IMG_1305.jpg
ティナは食に関心がないというちょっと変わった子なので、欲しがることはなくおりこうでした

  

   IMG_1307.jpg
道の駅のお隣にはこんなすてきなスイーツのお店があり、テラス席はワンコOK!
ランチもありましたが、お上品すぎてティナの父ちゃんの胃袋を満たすことは無理
なので回りを散歩しただけでした。
残念・・・

どこも紅葉には早いようでしたが、山々を見ながらのドライブは気持ちよく
長距離の運転は、運転手(ティナの父)任せなので楽ちんでした。

   IMG_1308.jpg
行きは母に膝の上でしたが、居心地悪そうだったので、帰りはケージの中へ!
とてもしあわせそうなお顔に見えますが、そんなティナを見ることができる私たちが1番しあわせかも・・・




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
母の日常 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ドラマ

ティナの母はテレビは見ますが、ドラマはほとんど見ません。

でも今月から始まった「僕とシッポと神楽坂」は、録画もして見ています。

嵐の相葉君が演じる若き獣医師「コオ先生」が繰り広げるドラマです。

今回は骨肉腫のコリー「ジュリ」ちゃんの治療方針をめぐる、コオ先生と飼い主さんの
やり取りが描かれていました。

ジュリちゃんは抗がん剤治療を受けていましたが、痛みがひどくなり、もう限界と判断し
断脚手術をすすめますが、飼い主さんは「脚を切るなんてかわいそう…」と
受け入れられません。

コオ先生は「苦しみを少しでも取り除いてあげたい。断脚手術を行えば確かに脚を失います。
それはご家族にとって、とてもショックなことだと思います。でも脚を切れば痛みのもとはなくなり
また歩くこともできる」とジュリちゃんの今後について説明します。

見ていてティナの断脚までと重なり、当時の思いがよみがえりました。
何とか断脚は避けたい・・・飼い主がそう思うのは当然です。

ティナの「由来不明肉腫」も悪性度が非常に高く、とても難しい病気です。
B動物病院の先生も、大学病院の先生も、コオ先生に負けず劣らずイケメン誠実で
分かりやすくストレートな説明によって、私たち家族は「断脚」以外の選択肢がないことを
受け入れることができました。
もちろん最後の決断は飼い主に任されますが、ネットで簡単に情報が得られるだけに
獣医師とのかかわりは、本当に大切だと思いました。

「断脚」という、わが家にドンピシャのドラマに驚き、そしてコオ先生の言葉が心にしみました。

ジュリちゃんは断脚後、いったんは元気を取り戻しましたが
残念ながら数か月後、虹の橋を渡ってしまいました。




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
未分類 | Comments(2) | Trackbacks(-)